このページのTOPへ戻る

相続放棄で考慮すべき相続順位について|相続放棄なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

相続放棄時に考慮すべき相続順位について

相続放棄時に考慮すべき相続順位とは

このページの目次

被相続人の配偶者は常に相続人になる
配偶者以外に相続人がいない場合
相続順位【第一順位】は被相続人の直系卑属(子や孫)
被相続人に子がいた場合
第一順位の相続人のうち、一人が相続放棄をした場合
相続放棄した場合は代襲相続されません
相続順位【第二順位】は被相続人の直系尊属(両親や祖父母)
被相続人に配偶者と子がいた場合の、第二順位の相続割合
第一順位の相続人(被相続人の子)が相続放棄をした場合
相続順位【第三順位】は被相続人の兄弟姉妹または甥・姪
第三順位の相続割合
被相続人に兄弟姉妹がいて、被相続人の子(第一順位)が相続放棄すると
相続順位のまとめ

被相続人の配偶者は常に相続人になる

ある人が死亡した場合その方の財産は相続人がこれを相続することになります。相続人についての規定は民法887条以下にあります。まず、890条により配偶者については
(1)婚姻中の財産の清算
(2)生存している配偶者の扶助や生活保障の観点から

「常に相続人となる。」

と規定されています。

そして900条により、原則としてその相続分(法定相続分といいます。)は被相続人の財産の2分の1と規定されています。この配偶者については相続順位が関係なく、常に2分の1を法律上は相続することができる規定になっています。

配偶者は常に相続人となります。
図1-1:被相続人との関係が配偶者のみの場合

配偶者以外に相続人がいない場合

被相続人の子供、両親、祖父母、兄弟姉妹、甥、姪がいないという場合は、配偶者の割合は100%になり、被相続人の財産を全て相続することになります。

被相続人に子がなく、兄弟姉妹・両親もいない場合
図1-2:配偶者以外に相続人がいない場合、被相続人の財産は全て配偶者のものとなる

【相続順位】第一順位:被相続人の直系卑属(子、孫)

次に、配偶者以外の相続人としては、887条1項により「被相続人の子は、相続人となる。」と規定されています。これは、実子のみならず養子についても適用される規定です。そして子供については被相続人の第1順位の相続人ということになります。

被相続人に子がいた場合

相続人が配偶者・子2人の場合は子一人当たり4分の1の相続分となる
図2-1:子は第一順位の相続人となり、2分の1の相続分となる。子が複数いる場合は、子の人数で割ったものが一人当たりの相続分となる

第一順位の相続人のうち、一人が相続放棄をした場合

子2人のうち1人が相続放棄した場合
図2-2:配偶者は常に相続人となり、相続放棄した子の相続分はもう一人の子が受け取ることとなる

同条2項・3項には代襲相続についての規定があります。代襲相続とは相続人となるべき者が相続開始時に死亡などの理由によって相続権を失っているときに、その直系卑属がその者と同順位で相続人となる仕組みです。基本的には相続人の子、その代襲者である孫ということになります。これが第1位の相続順位を持つ者です。

ここで注意を要するのは、相続放棄を被代襲者である子が行った場合です。相続放棄は、死亡・欠格・排除とは別ですから、代襲原因に含まれません。そのため、相続放棄をした者の子供が被相続人を代襲相続することはできなくなってしまいます。つまり、被相続人の子供の相続放棄は相続放棄を行った「子」のみならずその子(被相続人の孫)についても第1位の相続順位を失う結果につながります。

相続放棄した場合は代襲相続されません

被相続人の子が相続放棄した場合の、直系卑属の相続分
図2-3:被相続人の子が相続放棄すると、その子が被相続人の財産を相続することはない(代襲相続が発生しない)
※被相続人の子の配偶者は初めから相続権が無い

【相続順位】第二順位:被相続人の直系尊属(両親、祖父母)

子供、あるいはその代襲相続人が被相続人に存在しない場合について規定しているのが889条です。同条1項1号は、子供やその代襲相続人がいない場合には、第2位相続順位として「被相続人の直系尊属」と規定されています。

直系尊属とは両親等、世代的に上の人が該当することになります。もっとも、889条1項1号ただし書きは「親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。」と定めており、例えば、被相続人の父親が既に死亡しており、母親と父方の祖母がいるような場合については、母親だけが第2位の相続順位を持つことになります。

被相続人に配偶者と子がいた場合の、第二順位の相続割合

被相続人に配偶者・子・母親がいる場合
図3-1:第一順位の相続人(子)がいる場合は、第二順位の相続人(親・もしくは祖父母)に相続権は無し

第一順位の相続人(被相続人の子)が相続放棄をした場合

被相続人に配偶者・子・母親がおり、子のみが相続放棄をした場合
図3-2:第一順位の相続人(子)が相続放棄をした場合、第二順位の相続人(今回の場合被相続人の母親)へ相続権が移る。
配偶者と第二順位の人が相続人となった場合、相続割合は配偶者が3分の2・第二順位の相続人が3分の1となる。

【相続順位】第三順位:被相続人の兄弟姉妹または甥・姪

889条1項2号は第3順位の相続人として「被相続人の兄弟姉妹」が規定されています。第1位・第2位の相続順位を持つ相続人がいない場合にはこれらの者が相続人となる資格を得るわけです。

第三順位の相続割合

被相続人に配偶者・妹・弟がいる場合
図4-1:兄弟は第三順位の相続人となり、4分の1の相続分となる。
第三順位の相続人が複数いる場合は、その人数で割ったものが一人当たりの相続分となる

ここで、直系尊属・兄弟姉妹についても代襲相続は認められます。(但し、上記したように、尊属の場合、被相続人に親等で数えて近い者が相続人となることになります)しかし、再代襲はできません。

兄弟姉妹についていえば、被相続人のおい・めいしか相続人たる資格はない、ということになります(889条2項が、887条3項を準用していないため。)。これは相続に際し、あまりに血縁が離れすぎている者に相続をさせるのは妥当でないという判断によるものです。

被相続人に兄弟姉妹がいて、被相続人の子(第一順位)が相続放棄すると

被相続人に配偶者・子・妹・弟がおり、子が相続放棄をした場合
図4-2:第一順位の相続人(子)が相続放棄をし、第二順位の相続人(親・祖父母)も死亡している場合、被相続人の配偶者と兄弟が相続人となる。
今回のように、被相続人に兄弟が二人いて片方が死亡している場合でも、死亡した相続人に子がいる場合は代襲相続でその子が相続人となる。
第三順位の相続人の配偶者には初めから相続権はない

相続順位のまとめ

相続放棄手続き、弁護士に相談しないで大丈夫? 相続放棄は安易に判断せず弁護士に相談を

以上が、原則的な相続人の範囲とその順位ということになります。また、その割合についても民法900条が規定しています。

あくまで遺産の2分の1をまずは配偶者に分配し、その上で他の相続人の相続順位によって配分率が変更されることになります。

このように相続放棄の仕組みは複雑です。トラブルを避けるためにも、安易に自分で判断せず弁護士に相談して手続きに入りましょう。

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。