このページのTOPへ戻る

豊田市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

豊田市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

豊田市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

豊田市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

豊田市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!豊田市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

豊田市在住のOLですが、私はもう相続放棄できないのでしょうか?

私は豊田市に住む31歳のOLです。このたび、父が70歳で亡くなりました。家族構成として、母の他に、同じく豊田市に住む21歳の妹と、40歳の姉がいます。父が痴呆になってから、父の持ち家に母と姉妹全員で一緒に住んでいました。

父の残したのは時価8000万円の家と、2000万円ほどの預金です。しかし家には複数の抵当権がついていることが判明しました。父は以前は事業を経営していましたが、痴呆が酷くなってからは退職し、豊田市の老人ホームに入居していました。痴呆になる前、事業を行う上で借金をするために家に抵当権を設定したそうです。

私は、抵当権のついた家なんて怖いので相続したくないです。家を相続した場合、いつ追い出されるかヒヤヒヤするし、私の経済力では抵当権の消滅のために払うお金が用意できないからです。また、妹と姉は預金が欲しいらしく、父が亡くなってから私に毎日催促をしてきて怖い思いをしています。

また、父の内縁の妻と自称する人が父の死後出現し、「自分は老人ホームに毎日お見舞いに行っていたので、家や預金を分けてもらう権利がある」と主張してきており、事態が混迷しております。先日、あまりにも姉妹と内縁の妻がうるさいので黙らせようと思い、父の預金から300万円引き出して、妹と姉と内縁の妻に手渡しであげてしまいました。

しかし、後でこのことを調べると、遺産に手を付けると相続放棄できないと書かれていました。預金を勝手に手渡した私は、もう相続放棄できないのでしょうか。ちなみに、引き渡してしまった300万円を取り返すことはできなさそうです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

豊田市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。