このページのTOPへ戻る

福岡市博多区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

通話料無料の電話受付はこちら0066-9735-9036

メール相談はこちら

福岡市博多区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

福岡市博多区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

福岡市博多区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

福岡市博多区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!福岡市博多区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

福岡市博多区の家と土地を私に相続させるよう遺言が残っていましたが、相続放棄したいと考えています。

私は、既婚男性で年齢は45歳です。子供は一人もおりません。大手の建設会社の設計部門で働いています。地元の福岡市博多区から大学進学のために出て来てから、ずっとこっちで暮らしています。地元の博多区には姉が2人おります。姉はそれぞれ48歳と50歳です。姉は2人とも結婚しており、それぞれに子供が2人います。

先日、母親が亡くなりました。年齢は80歳でした。母親は5年ほど前から認知症の症状が出ており、博多区の老人介護施設に入所しておりました。最後はその入所していた介護施設で亡くなりました。

博多区には、私が小さい頃住んでいた実家がありますが、父親が10年前に亡くなり、母親が介護施設に入所するようになってからは、誰も住んでいませんでした。姉2人は、博多区に住んでいますが、それぞれ自分の家を建てて住んでいます。

実は私は姉2人とあまり仲が良くなくて、疎遠です。父親の葬儀の時にあったきりで、ここ10年以上顔を合わせていませんでした。今回、母親が亡くなったことで、久しぶりに連絡が来たのですが、お互いに感情にわだかまりがあります。母親の葬儀の時に姉と久方ぶりに合いましたが、母親の遺品整理をしていたら遺言書が出てきたと言われました。その遺言書の内容はというと、博多区にある実家と土地を長男である私に全て譲りたいというものでした。

私は姉2人との関係悪化で、両親ともしばらく会っていない状態でしたし、ましてや実家にも何十年と戻っていない状況でした。このような状況で急に博多区の実家を譲ると言われても、私としてはその実家と土地をもらうつもりは毛頭ありません。

実家の状況を確認したところ、5年前から誰も人が住んでいなかったので、全くメンテナンスがなされておりませんでした。実家の状態と土地の価値からすると、売っても多分買い手は見つからないだろうし、仮に売れたとしても二束三文にしかならないと感じました。姉2人にしても、実家をもらったところで面倒なことが増えるだけですし、むしろ固定資産税が重くのしかかる可能性もあって、何も得るものがないと思えました。

私はもう博多区に戻るつもりはありませんし、相続放棄したいと考えています。宜しくお願いします。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

福岡市博多区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。