このページのTOPへ戻る

福岡市南区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

福岡市南区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

福岡市南区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

福岡市南区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

福岡市南区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!福岡市南区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

福岡市南区の喫茶店を残して義父が亡くなったのですが、相続放棄すべきがどうか悩んでいます。

念願の喫茶店を出して5年になります。それまでは通信機メーカーの技術者をしており、全く異なった転職に友人や知人のみならず、当時の職場の同僚も驚くばかりでした。

カフェを経営してみたいと思ったきっかけは、妻との出会いでした。福岡市南区にある妻の実家は昔ながらの純喫茶を営んでおり、私が時々通っていたのです。何となくお店の雰囲気が好きで行っていたのですが、妻もそこで手伝いをしていたのです。そんなことから、感化されていつの間にか、交際するとともに2人で喫茶店を始めてみたいと思うようになったのです。

もしかすると、技術者の時は、常に気を張っている状態が続いたためにカフェの癒しの雰囲気に憧れていたのかもしれません。そんなことから、脱サラするように、今のお店を持つようになったのです。今では何とかお客さんも安定して来てくれますし、サラリーマン時代の同僚もよく足を運んでくれるのが、とてもありがたいと思っています。

そんな時にカフェの経営のことで手助けをしてくれた義父が亡くなったのです。78歳とはいえ元気でお店の切り盛りをしていただけに突然の死は、妻の悲しみ以上に私にとっても辛いことでした。

問題は、義父の経営していた福岡市南区のお店です。この喫茶店を閉じるか、私が相続して行うかの選択肢が出てきたのです。お世話になった義父の遺志を継いで今の店と平行して経営するか、相続放棄するか、迷いに迷っています。どうすればいいのか解決できそうにないので、福岡市南区対応の弁護士に一度相談したいです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

福岡市南区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。