このページのTOPへ戻る

直方市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

直方市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

直方市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

直方市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

直方市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!直方市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

直方市の旅館を残し父が亡くなったのですが、赤字経営だったため相続放棄したいです。

自動車整備会社を起こして12年がたちました。地元に根差した会社として地域貢献をしているつもりで日々、頑張っています。家族も4人で平凡ながらも何事もなく暮らしています。

こんな平穏な生活の静けさを破ったのは、私の実家からの連絡でした。父が急逝したからです。実家には兄夫婦が父母と同居していました。

実家は直方市にあるのですが、小さな旅館を経営しており、兄夫婦が父の手伝いをしていました。その父が亡くなり、旅館の相続のことで頭を悩ましていたのが兄です。

その理由は、直方市の旅館の名義が父だったからです。何れは兄が相続する形になるはずなのですが、この数年、赤字経営が続いていたのです。色々な所から資金援助を受けながら経営をしていたようでした。

しかし、資金援助も昔から直方市の経済に貢献をしていた父がいたからこそ。屋台骨が無くなったことで、これ以上の資金援助を受けられるはずもありません。そのようなことから兄は旅館の経営を諦めざるをえないと考えています。

父が存命中の頃も兄なりに旅館のあり方を変えていこうとしていたのですが、中々成功することがなかったようです。こういった事情から、旅館経営をあきらめることになりました。しかし、旅館廃業と父の遺産相続を放棄するにも具体的な方法が分からないと兄から連絡がありました。

遠方のため、弁護士を探すくらいしか手伝えないのですが、何とかやり取りをして兄の悩みを手助けしたいと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

直方市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。