このページのTOPへ戻る

大野城市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

大野城市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

大野城市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

大野城市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

大野城市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!大野城市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

大野城市で父が亡くなったのですが、自宅や店を残しつつ相続放棄する方法はありますか?

私は大野城市に住む40代、自営業をしています。家族は妻と二人の子どもがいます。私の実家は同じく大野城市にあり、すぐそばに住んでいます。

実家には両親がいて、兄夫婦が同居しています。療養中だった父は73歳で先月他界しました。父は会社を経営していたのですが数年前から兄に会社を譲り、引き継いでいました。

父が亡くなったあと兄と遺産相続の話し合いがあり父が書いたとされる遺言書を立会人のもと見せてもらいました。そこには兄と私の相続分が書かれていたのですが、兄からいきなり「相続を放棄してほしい」と言われました。

理由は父から引き継いだ会社をもう少し大きくしていきたいことと、最近介護が必要になった母を大野城市の施設に入所させる資金に使いたいというものでした。考えてみれば私は今まで好きなことをさせてもらっていて兄には両親のことも会社のことも任せてばかりでした。これからは母の世話を任せなければいけませんし、父の残した会社のこともあるので兄がいうように相続を放棄してもいいと思っていました。

ですが私は数年前にマイホームを建て、妻と美容室を開店させました。でも私の力だけではどうにもならず、父が全面的に協力してくれたことで建物の一部が父の名義になったままでした。

相続を放棄するとこの父の名義になっているものまで放棄しなければいけないことを知ったのですが、自宅やお店までなくなってしまったら私たち家族は困ります。しかし兄の負担を考えると自宅やお店以外は放棄してもいいと思っているのですが弁護士に相談してみたら良い方法は見つかるのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

大野城市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。