このページのTOPへ戻る

八女市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

八女市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

八女市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

八女市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

八女市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!八女市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

年間累計反響件数 約2,200

※2018年1月~2018年12月まで

年間累計反響件数

年間累計約2,200件(2018年1月~2018年12月まで)の遺産相続に関するお問い合わせをい頂いており、相続放棄についても多くのご依頼を受けております。
当事務所においては、多くの相続放棄に関する業務を行い、相続放棄の手続きに関するノウハウを蓄積しております。

相続放棄に精通した
相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用しており、民事事業部においては、相続問題に特化した相続チームを配置しております。ですので、相続問題について、知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

すべて弁護士にお任せ

何かあったら○子に貯金をあげてね、と言っていた友人が八女市で亡くなりました。

八女市に住む25歳の大学院生・女性です。両親と実家暮らしです。

私にはとても大切な友人がいました。中学校の時からの同級生で、Hと言います。お互いの家に入り浸って宿題や試験勉強をし、遊びに出かける時もいつも一緒でした。「まるで姉妹か双子みたいだね」と周囲に言われていたものです。

Hの家には明るいお母さんと優しいお父さんがいましたが、ある時「実は本当の両親じゃないんだ」と打ち明けられました。Hは里子だったのですが、特に気にかけている様子ではありませんでしたから、私もそういうものかと自然に受け取っていました。

私が大学へ行って研究職を目指すのを決めた頃、Hもトリマーになるべく専門学校に通い出しました。彼女にとって天職だったようで、卒業と同時に八女市内の大型店舗に就職し、経済的にかなり成功していたようです。その頃はお互いに忙しく、さすがにずっと一緒にいることはできませんでしたが、時々会うたびに「稼ぎがいいんだから、私がおごるよ」と言っていたものです。

そのHが先月、交通事故で亡くなってしまいました。オートバイで職場に向かう途中、大型トラックにはねられてしまったのです。Hの両親とともに、搬送先の八女市内の病院にかけつけましたが、意識が戻る事なく亡くなってしまいました。

あまりに泣きすぎて、葬儀もろもろの記憶がほとんど飛んでいます。少し経ったところで、憔悴してやつれたHの両親に招かれ、H宅に行きました。Hの両親が言うには、Hは500万円ほどの貯金を残していました。「私が万が一死んじゃったりしたら、○子(私)にあげてよ。あの子、研究するのにお金が要るし、そのために使ってもらえれば私も本望だよ。」という風に、生前冗談めかして言っていたというのです。

「その時は縁起が悪い!とあの子を叱ったんだけど、よく考えれば○子ちゃんにもらってもらった方が、Hも嬉しいと思うの。」とお母さんに言われました。そんな風に私を思っていたHの事を考え、また涙が出たのですが、やはり私はもらえない…と思うのです。例えばHの遺品を形見にもらえれば励みになるのですが、お金はもらえません。自分の力で、今後の研究を切り開いていかなければいけないと思っていたからです。

ですがここで相続放棄をすると、やはりHの遺志を踏みにじることになるのだろうか?と逡巡してもいます。まず、実際に法律的な所で何かしらの問題があるのかないのか、弁護士の先生に聞いてみたいと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

八女市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ