このページのTOPへ戻る

下呂市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

下呂市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

下呂市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

下呂市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

下呂市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!下呂市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

下呂市で母が亡くなったのですが、遺産の価値を下げたため相続放棄できないと言われています。

私は下呂市に住む非常勤講師です。この度、私の母が47歳で亡くなりました。下呂市の実家での自殺でした。

家族構成として、父と、結婚している妹がいます。母は300万円の借金を抱えていました。借金の理由としては、ソーシャルゲームに使うためだそうです。借金の相手は母の友人やボーイフレンドです。

母は、預金は持っていませんでしたが、高価な玩具を集めるのが趣味だったので、きれいな状態で売ると100万円相当になるというトレーディングカードをコレクションしています。また、ハンドバッグやアクセサリーが残っており、それらをきれいな状態ですべて売れば、500万円相当になるようです。

私は、相続放棄するべきか悩んでいます。母の友人やボーイフレンドなどの債権者と関わりを持ちたくないからです。しかし、債権者の方々には、私は相続放棄できないと言われてしまいました。

なぜかといいますと、私は母の残した動産であるトレーディングカードやハンドバッグ、アクセサリー類の価値がわからず、パッケージから出して1か月ほど日の当たるベランダで放置していたのですが、そうすることで、物が日焼けして劣化してしまった可能性があるからです。

債権者の人たちから言わせると、ずさんな財産の管理をして価値を下げたのは私の過失なので、相続放棄できないそうです。でも、それが本当かどうか判断することができないので悩んでいます。こういう状況の場合、下呂市対応の弁護士に依頼したほうが良いのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

下呂市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。