このページのTOPへ戻る

可児市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

可児市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

可児市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

可児市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

可児市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!可児市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

可児市の父が会社を残し亡くなったのですが、経営ができないため相続放棄を検討しています。

私はデザイン事務所を構える経営者です。会社は自宅も兼ねており、息子も事業を手伝ってくれています。元々、私の実家は岐阜県可児市で新聞店をいくつも持って経営している所です。しかし、そんな仕事は自分には合わないということで、実家の稼業を継ぐことに抵抗して飛び出して、今に至っています。

今、実家の仕事は弟が継いでいます。弟もやり手の人間で、新聞店の他に可児市内でインターネット広告を手がける会社も経営しています。これからはインターネット広告の時代だということからです。私の仕事も少なからず弟と関係があり、仕事上でのやり取りもあるくらいです。しかし、新聞店のオーナーは未だに父だったのです。

その父も急な病に倒れて、先月、息を引き取ったのでした。大変なことは、その後のことです。父の遺産相続が残っていたからです。実は新聞店の経営状態は決して良くなく赤字寸前だったからです。実質的な経営者であった弟が相続する権利を持っているのですが、弟は相続放棄を考えていたのです。このまま無理に相続をしても数年後には経営が立ちいかなくなると見越していたからです。そのような思いから、ネット広告の会社を立ち上げた程です。

しかし、可児市に複数ある店舗の経営を誰にどのように引き継いでもらえるか、あるいは手放すことにするのか、具体的な策が見つからないために、無事に相続放棄をすることができないかと私にも相談をしてきました。そのようなことから、弁護士を探して、これからの対策を講じることになると思います。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

可児市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。