このページのTOPへ戻る

瑞浪市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

瑞浪市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

瑞浪市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

瑞浪市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

瑞浪市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!瑞浪市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

瑞浪市の旅館が負債を抱えているのですが、相続放棄するべきなのでしょうか。

瑞浪市で代々旅館を営んでいる家系です。家族は私と妻、子供2人に両親の6人家族です。妻も若女将として頑張っています。場所が場所だけに、お客さんの数はひっきりなしです。しかし、旅館の経営は決して安泰とは言えず、いつ倒産の憂き目に合うか、ハラハラしながら頑張っている所です。

大手のホテルが外国からの観光客を一手に引き受けたりしているので、宿泊客を地元に呼び込むことは、並大抵のことではありません。インターネットによる宣伝やキャンペーンを展開しながら、踏ん張っているのですが、私達だけでは競争に打ち勝つことは難しく、瑞浪市内で地元の旅館組合を上げて、1人でも多くのお客さんを案内できるようにしています。そのようなことから、同業の旅館とも横の繋がりが強くなっています。

そんな同業者の中でも、私と同じ年代の社長さんがいるのですが、世代が近いことから、考え方や組合の進め方でも、よく意見が一致して、お互いなくてはならない心強い存在です。しかし、その社長から個人的に相談がありました。それは先代がつい先月に亡くなったことからの、遺産相続のことでした。

実は先代の時から経営が圧迫して、もはや旅館を続けることができない状態だったのです。我々が一緒に頑張っていたことから、組合全体の足を引っ張るわけにはいかないと、先代が銀行から融資を受けて、経営を繋いでいたのです。しかし、これ以上の負債を抱えるわけにもいかず、瑞浪市の旅館を締めなければいけないのではないかと悩んでいたのです。相続放棄をして旅館をあきらめるべきなのか、一度弁護士に相談したいです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

瑞浪市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。