このページのTOPへ戻る

多治見市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

多治見市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

多治見市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

多治見市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

多治見市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!多治見市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

多治見市で亡くなった母に借金があるため相続放棄したいのですができないと言われてしまいました。

私は多治見市に住む大学生です。このたび、私の母が50歳でガンにより亡くなりました。家族構成として、地元を出て就職した兄が一人います。

母はパチンコ好きで、そのために母の友人から作った借金が500万円程度あります。亡くなる2週間前から多治見市内の病院に入院していました。母は多治見市に一軒家を所有しており、その金額は1000万円程度になるそうです。母と私はその一軒家を民泊に使ったり、旅行者に料理を振る舞ったりして利益を得ていました。

母の預金については500万円ほどありましたが、母のガンが発覚した1年前、生前贈与という形で私が全て貰ったので今は残っていません。あとは借金だけなので、相続放棄をしたいと思っています。

しかし、母の友人からは相続放棄できないと言われてしまいました。母の死後も私は多治見市の一軒家に住んでおり、1か月間民泊や料亭のようなことを続けていたからです。

私は法律がわからなかったのですが、母は許可を取らずに民泊と料亭を経営していたそうで、そういう事情が、母の死後明らかになりました。母の死後、経営を続けている最中に行政から指摘を受け、私の家は国から差し押さえられる可能性があるそうです。

母の友人から、こういう状況になったのは、母の死後にきちんと手続きをしなかった私に責任があるので、相続放棄せずに最後まで後始末をしなければならないと言われました。相続放棄したいのですが、できないのでしょうか。弁護士に相談しようと思います。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

多治見市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。