このページのTOPへ戻る

神戸市須磨区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

神戸市須磨区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

神戸市須磨区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

神戸市須磨区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

神戸市須磨区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!神戸市須磨区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

神戸市須磨区で父が亡くなり、兄弟間で揉めたため相続放棄を検討しています。

先月、私の妹から連絡がありました。妹は、神戸市須磨区の男性の所に嫁ぎ、子供も3人生んで幸せな生活を送っていました。しかし、電話口からの妹の声は悲壮感漂う声でした。詳しくきくと、義弟の実家のお父さんが急逝された後の遺産相続で、かなり揉めているとのことでした。

義弟は3人兄弟の次男。実家は神戸市須磨区でもかなりの資産家です。実家ではいくつかの会社や店舗の経営を任されていたのですが、父親が亡くなってなら、遺産相続で兄弟間で争いが起き始めたのです。長男と三男が結託して、義弟が任されている神戸市須磨区内の店舗の経営を取り上げようとしているらしいのです。

その理由は、次男である義弟は経営手腕が卓越しており、周りからの人望も厚い人。私から見ても、とても頼り甲斐のある好青年なのです。義父も義弟に全てを任せたいという思いを持っていたということで、それを妬んだ兄と弟が、彼を経営から追い落とそうとしているのでした。

実際に私も義弟と会話をしましたが、兄弟に対する不信感と精神的な疲れから、相続放棄をして縁を切りたいと考えていました。相続放棄をするなら、いっそのこと、独立してみてはとも言ってみました。独立についても、もともとの社員さんがついていくと言ってくれているので、うまくいくと思います。

そこで相談なのですが、放棄したうえで社員のほとんどをそのままに、新たに会社を立ち上げることは可能なのでしょうか?これでは相続放棄したことにならないでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

神戸市須磨区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。