このページのTOPへ戻る

南あわじ市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

南あわじ市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

南あわじ市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

南あわじ市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

南あわじ市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!南あわじ市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

義父に南あわじ市のビル経営を託されましたが、相続放棄しようと思っています。

妻の実家は、南あわじ市で大きなビル経営をしています。義母は4年前に他界されており、義父と義兄とで、仕事をしていました。

ただ、義父は80歳を越えているにもかかわらず、義兄の経営手腕に疑問を持っており、未だに、経営の実権は義父が持ったままでした。南あわじ市内ではありませんが、私もビル経営をしていることから、義父はよく私に、経営を引き継がないかと、持ちかけてきていました。

とは言っても、義兄は自分の力の無さを分かっており、そのことについては、全く文句を挟む人ではありませんでした。人柄はととても温厚な方で、人懐っこさが、周囲の人を和ませてくれる人間味溢れる人でもあるのです。私にはない点を持っていらっしゃるので、ある意味、私自身、一目置いているのです。

このような複雑な心境を持ちつつ、生活をしていたのですが、義父が先月他界してしまいました。葬儀はつつがなく終わったのですが、予想通り、義父の遺言で南あわじ市のビルの相続権を私に委ねるという遺言を残していました。

しかし、残された義兄の横顔を見ていると、あまりにも辛いのです。私としては、何とか義父の遺言に反して、彼に継いで欲しいと願っているのですが、遺言がどこまで法的拘束力を持っているのか分かりません。また、このまま受け身的な姿勢で待っていると、私に経営が移ってしまうのではないかとも心配しています。

このような流れを変えて、相続放棄と同時に義兄に継いでもらえるように、誰か弁護士さんを探しているところです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

南あわじ市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。