このページのTOPへ戻る

日置市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

日置市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

日置市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

日置市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

日置市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!日置市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

日置市の友人が造り酒屋を売るか相続放棄するかで悩んでいます。

昔から家の手伝いをしてきた友人がいます。彼の仕事は日本酒の造り酒屋。日置市で頑張っています。彼とは大学で一緒だったのですが、私はこちらに残り、そのまま就職。彼は日置市の実家に戻り、手伝っているのです。年に数回はこちらに来るので、その時は昔話に華を咲かせるのですが、つい先日、再会した時に彼から相談がありました。それは実家の相続の件です。

彼は2ヶ月前に父親が他界してしまったそうです。彼が今回出てきた理由もそこに起因していたのです。実は、こちらの大手商社から、OEMブランドのお酒を作る契約を結んでいたようで、その矢先に父親が亡くなったのです。後を継ぐべき友人だったのですが、製造法等は父親の専売特許。ノウハウを伝授されないまま亡くなってしまったため、困っているという事でした。1からのスタートを考えた友人だったのですが、軌道に乗せるためには、それなりの時間が必要なのです。商社との契約期間までには、到底間に合わないのです。このままでは莫大な違約金が発生することも分かっており、迷いに迷っている友人なのです。

そのようなことから、彼は日置市の店舗を売却して違約金の穴埋めをするか、相続放棄をするか、迷っていたのです。このようなケースの経験が私もありませんし、友人はなおさらありません。そこで、弁護士の人に相談してみてはどうかと話をしたところです。それでもすぐには解決できるか分かりませんが、少しは解決策の糸口は見つかるかもしれません。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

日置市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。