このページのTOPへ戻る

川崎市中原区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

川崎市中原区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

川崎市中原区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

川崎市中原区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

川崎市中原区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!川崎市中原区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

義父が遺した川崎市中原区のペンションが赤字続きのため相続放棄したい

56歳男性です。妻と21歳の子供の3人で暮らしています。私は定年退職前に脱サラ。今では、喫茶店のマスターをしています。生活も苦しくはなく、嫁と平凡な生活を送っています。

嫁の実家は神奈川県川崎市中原区でペンションを経営しています。何時かは私を後継者として、迎えたいという嫁の両親の思いがあったようです。私が次男なので、自分の実家のことを気にする必要はないからです。夢見ていたカフェのマスターですが、数年で店をたたみ、川崎市中原区でペンションを経営してもいいのではと思っていました。

そんな環境の中で、義父が病魔に犯され、床に伏せたのが半年前でした。辛いことに、末期の癌でした。それから、あっという間に癌が進み、先月、亡くなったのです。

義父の遺言で、川崎市中原区のペンションは嫁が相続することになりました。しかし、実際にペンションの経営状態を調べてみると、赤字続きでかなりの負債があることが分かったのです。義母もそのことは、あまり知らないほど。少し呆れた私と嫁だったのですが、素直に相続をして経営を建て直すかどうかを、義母含めて3人で相談しました。

しかし、冷静に考えても再建することがとても難しいことが分かり、積極、相続放棄をせざるをえないということになりそうなのです。まだ、はっきりと決まったわけではないのですが、1度弁護士の人に相談をしてみて、冷静に判断力したいと考えているところです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

川崎市中原区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。