このページのTOPへ戻る

相模原市緑区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

相模原市緑区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

相模原市緑区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

相模原市緑区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

相模原市緑区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!相模原市緑区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

相模原市緑区の旅館が受け継げないため、相続放棄したい

43歳男性で、広告代理店を営んでいます。実家は、相模原市緑区にあり、古い旅館を経営しています。実家の広告も、私の会社で行っており、持ちつ持たれつの関係があります。

ただ、この数年で悩んでいたことは、相模原市緑区の旅館の後継者のことでした。すでに私は完全にこちらに腰を降ろしていることもあり、実家を引き継ぐことができません。5歳年下の弟もいるのですが、彼もすでに相模原市緑区を離れてIT系の会社を立ち上げており、旅館の経営まで手を出すゆとりがない状態です。

後の経営は、古くから旅館の専務をやっている親しい従弟に任せるしかないと思っていました。そんな矢先、父が突然、意識不明で倒れて病院に運ばれたのですが、そのまま亡くなってしまったのです。死因は脳溢血です。何の前触れもなかったので、あっという間の出来事でした。

しかし、大変なことは、それだけではありません。旅館の経営権の相続について、父は私達が知らない間に遺言を残しており、私と弟が指定されていました。普通なら喜ぶべきなのかもしれませんが、そのようなことを望んでいるよしもありません。ましてや、今まで旅館の経営を支えて来てくれた従弟もとても哀れなのです。

元々、弟も私も受け継ぐ意志がないために、完全に相続放棄をして、従弟に譲ろうかと考えているところです。すでに法的根拠のある遺言を白紙にして、相続放棄と、従弟への手続きをするために、弁護士に相談をして、すぐに変更したいと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

相模原市緑区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。