このページのTOPへ戻る

高知市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

通話料無料の電話受付はこちら0066-9735-9036

メール相談はこちら

高知市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

高知市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

高知市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

高知市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!高知市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

高知市で母が亡くなり、母が生前貯めていたお金で葬儀を行いましたが、後から借金の存在が明らかになりました。

私は高知市在住のフリーターで、現在は賃貸マンションに兄と弟(二人とも社会人です)と暮らしています。

2か月前、認知症で高知市の老人ホームに入居していた母が病気のため亡くなりました。母は現在年金暮らしで、貯蓄と私たち兄弟の収入からホーム代を支払っていましたが、昔パートをしていたころに「葬式代」としていくらかのお金を口座に貯めており、亡くなる半年ほど前に「そろそろ口座からお金を引き出しておいて、私が死んだら葬式代に使ってね」と頼まれていたためその通りに引き出し死後そのお金で葬儀、納骨まで行いました。

遺品整理をしていた時に母から私達への手紙が見つかり、その中で15年前に亡くなった父が以前ギャンブルで作った借金を母が代わりに残った年金から少しずつ返済していたことがわかりました。すぐにその手紙に書いてあった債権者に連絡を取り、確認を取ったところ毎月返済はしてもらっていたがそれでもまだ数百万の借金が残っているとの事でした。

葬式代として残していたお金以外に母に財産と言えるようなものはなく、また家も賃貸であるため売りに出してお金を作ることもできないため、兄弟で話し合った末相続放棄をしたい旨を債権者に伝えたのですが、「葬式代として母親のお金を使ったならそれは財産の処分行為に当たるので相続放棄はできない」と言われ返済するように言われてしまいました。

そこで高知市対応の弁護士に相談したいのですが、借金をしていても葬式というのは皆当たり前にするものだと思うのですが、本当に葬儀代として生前から指定されていたお金を使っただけでも処分行為に当たるのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

高知市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。