このページのTOPへ戻る

阿蘇市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

阿蘇市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

阿蘇市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

阿蘇市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

阿蘇市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!阿蘇市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

阿蘇市で父が亡くなり相続放棄をしたいのですが、アパートの改装をしたら相続放棄できないのでしょうか?

私は阿蘇市に住む大学生です。私の父が60歳で亡くなりました。家族構成として、同じ阿蘇市に住む母と妹2人がいます。

父は事業に失敗しており、親戚から500万円の借金があります。亡くなる2週間前から、父は阿蘇市の病院に入院していたそうです。また、父が住んでいた分譲アパートの一室は父の名義で購入し登記してあるものです。その部屋の価格は200万円程度になりそうです。

このたび、相続放棄をするべきかどうかについて、ご相談させていただきます。まず、私の思いとしては、借金を引き受けたくないという理由から、相続放棄をしたいと希望しています。

しかし、懸念していることがあります。具体的には、「父の財産である分譲アパートに手を加えてしまったことで、相続放棄できなくなったのでは」と心配しております。

父と母は、10年前から不仲で別居しており、父は自分で購入したアパートに一人で暮らしていたのですが、この度、父が亡くなって、死亡の連絡を受けたのち、いろいろな手続きをするうえで地理的に便利だったこともあり、私は3か月間、父のアパートに勝手に住んでいたのです。住んでいる中で、部屋をきれいにしておいた方が良いと思って、私の勝手な判断で分譲の部屋に改装工事を加えてしまいました。

絨毯をフローリングに替え、風呂のノズルを新しいものに交換しました。総額50万円ほどかかった改装費用については、私が自腹で払いました。しかし、親戚には、父の財産に手を加えたので、私はもう相続放棄できないと言われました。本当に相続放棄できないのか相談したいのですが、弁護士に依頼したほうが良いでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

阿蘇市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。