このページのTOPへ戻る

熊本市北区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

熊本市北区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

熊本市北区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

熊本市北区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

熊本市北区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!熊本市北区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

熊本市北区で酒蔵を経営していた父。弟のために相続放棄をしたいです。

実家のある熊本市北区を出てから、もう20年以上が経ちました。実家から離れた地で暮らしており、小さいながらにもIT系の会社を経営しています。

実家は代々の酒蔵を営んでいるのですが、父親が経営しているものの、実質的には弟が実務を担っているのでした。もはや私が酒蔵の経営に口を挟む気持ちもありませんでしたし、弟との関係も良好なことから安心をしていました。

ただ、数年前に酒蔵の経営が傾きそうになったことがあったために、弟の要請で資金援助をしたことはありました。その後は、見事に復活しています。そんな酒蔵なのですが、老齢だった父が病に倒れて、しばらく熊本市北区の病院に入院。そのまま、前月他界してしまいました、原因は末期の肝臓癌でした。仕事柄、お酒を飲む量も多く、知らず知らずのうちに肝臓に大きな負担をかけていたのかもしれません。

そして、喪が明けて、相続の話となりました。どうも私の知らない所で父と弟で話し合い、私にも相続させたいことがあったようなのです。会社の相続は弟。そして、父が蓄えていた貯蓄は、私に相続。これには、弟も賛同していたのでした。それは、経営が厳しかった時の資金援助があったからです。それに恩義を感じていた義理堅い弟なのでした。

しかし、私自身は会社を経営しており、経済的には困ることがありません。遺言として託された相続は放棄して弟に譲るべきだと考えているのです。しかし、父が残した遺言自体、正式なものなので、どうしたものかと悩んでいました。放棄すべきことが難しいことなのか、それとも簡単に行えるものなのかさえ分かりません。このことで悶々としているのが辛いので、弁護士に相談をしてみようと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

熊本市北区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。