このページのTOPへ戻る

八代市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

八代市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

八代市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

八代市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

八代市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!八代市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

遺言が遺されているようですが、兄妹で揉めています。

現在、心理カウンセラーの仕事をしています。最近は、精神的に病んでいる人の数が増えて、私の所に訪れる人が増えています。相談も色々な内容がありますが、その大半は、本人の性格や家庭環境が起因しているものばかりです。

その中で、最近、印象深かった相談は相続絡みのことでした。相談してきた方は、30代後半の女性の方です。まだ、独身の人ですが、キャリアウーマンでバリバリと仕事をしている人です。以前も仕事の悩みから、少し精神的なダメージを受けて、カウンセリングを受けたことのある女性の人です。

彼女の実家は八代市にあり、かなりの資産家なのです。八代市いくつかの飲食店を経営されているそうです。彼女は、長女なのですが、お兄さんがいました。昔からあまり仲が良くなく、それが嫌で八代市を飛び出てきたのです。

しかし、彼女の父親はとても娘のことを可愛がっていたようです。そして、彼女の父親が、2ヶ月程前に急逝されたことで、相続の問題が吹き上がったのでした。

相続については、お兄さんと彼女が受け継ぐごとに遺言で残されていたのですが、兄のお嫁さんが大反対をしており、彼女の相続を不履行することを主張しているのです。彼女はそのことで、再び精神的なショックを受けているのです。

精神的なケアは何とか私でできるのですが、法的なトラブルは、全く扱えるわけではありません。しかし、精神的なダメージの原因は相続問題にあるのですから、弁護士に相談すること勧めたのです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

八代市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。