このページのTOPへ戻る

京丹波町で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

京丹波町の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

京丹波町で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

京丹波町で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

京丹波町の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!京丹波町の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

京丹波町の義父が亡くなり、妻が相続放棄を検討しています。

京丹波町に移り住むか悩んでいる40代既婚男性です。現在、私はIT系の会社を経営しています。以前は大手のソフトウェア会社に勤務していたのですが、あまりにも忙しく家族と過ごす時間が全くないことや、自分で作りたいソフトがあったために、独立をしたのです。操業当初は、経営が悪かったのですが、紆余曲折の末に何とか安定した状態までこぎつけることができています。

元々は、東日本出身の私ですが、すでに親も他界していることや、兄弟姉妹も結婚して首都圏に映っていることから、完全に腰を落ち着けている状態です。妻も京丹波町出身ですし、もう戻る必要はありません。会社の経営や実家のことを考えると、全く心配することはないのです。

しかし、2ヶ月前に他界した義父のことで、頭を悩ましているのです。妻の父は京丹波町にいくつかのビルやマンションを経営している資産家でした。その義父が亡くなったことで、彼の遺産の相続のことで、悩みが出てきたのです。

義父の子供と言うと、義兄と妻の2人でした。しかし、義兄は、3年前に交通事故で亡くなっています。そのことから資産を相続するのは、妻となったのです。これに合わせて、京丹波町に移り住む選択肢が出てきました。また、会社自体も、京丹波町に移すかという考えも出てきています。

しかし、義父の相続税の負担、会社移転費用、義父のマンション相続諸々を考えると、一時的とはいえ、かなりの負担がのし掛かって来るのです。このようなことから、妻が相続放棄を検討し始めたため、その方向で弁護士に相談をしてみようと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

京丹波町で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。