このページのTOPへ戻る

えびの市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

えびの市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

えびの市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

えびの市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

えびの市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!えびの市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

えびの市のペンションが負債を抱えているため相続放棄したいです。

えびの市で昔ながらの旅館を経営していた従兄。隣県で家族で住んでいる私も、泊まりに行くことも時々あります。この旅館は、温泉が出ることや遊べるところが近くにあることで、とてもいいロケーションにあるのです。そんなえびの市の旅館もかなり古くなり、従兄の肝いりでペンションに改装。装いも新たにこれからますます人気が出てくることを想定していました。しかし、改装後は客足がパッタリと途絶えてしまったのです。

理由は全く分からずじまいだったのですが、1度、私達も泊まりに行ったのですが、妻曰く「以前の旅館の方が昔ながらの雰囲気でレトロさがあって落ち着けたと思うの。」

おそらくこの意見は今まで訪れた常連のお客さんも同じ感覚だったのかもしれません。このような状況が続き、経営が厳しくなっていったのです。しかも、最悪なことに叔父さんが亡くなり、従兄が父親名義のペンションを相続することになったのですが、改装に費やした借金もあまり返済できていないのでした。このままではじり貧となることが目に見えているのです。

しかし、従兄はこれからどうしていいか分からず、私に尋ねて来たのです。私から言うのはとても辛いことでしたが、借金を返す目処が立たない以上、完全に相続放棄をして、身軽になるのとしかないことを伝えました。

その時の従兄はかなり怒っていたのですが、冷静になって私に謝罪と同時に専門の人を紹介してくれないかと頭を下げてきました。そのため、現在えびの市対応の弁護士を探しているところです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

えびの市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。