このページのTOPへ戻る

五島市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

五島市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

五島市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

五島市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

五島市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!五島市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

五島市の義弟が相続放棄するべきか悩んでいます。

私の妹が五島市に嫁いでいって、もう10年になります。彼女が嫁いで行った先は、五島市内で大きな病院を経営しているお医者さん。旦那となる義弟も若い頃から大学病院で働いていて、お父さんの跡目を継ぐことが約束された身です。そんな恵まれた環境で育ったなら、かなりのお坊っちゃんタイプかと私や両親も不安になったこともありました。

しかし、彼の実家のご両親はとてもしっかりされており、幼い頃から厳しくしつけられていたためか、とても腰が低く礼儀もわきまえた人だったのです。こんな立派な家庭環境で育ってきた義弟なので、将来は安泰だと思っていたのですが、妹から泣きながらの相談がありました。なんと、五島市の義父の病院が他の私立病院に経営権が移ってしまったというのです。事実、乗っ取られたような形になったのですが、テレビドラマのようなことでした。お父さんが急に倒れて、そのままいきなり急逝したのです。

しかも、追い討ちをかけるように、この病院の設備拡張のための資金が、この私立病院から融通されていたことが発覚。このことについては、義弟も全く知らない所で取引されていたようなのです。もし、病院の経営権を手放したくないのなら、借りている資金を全て返済することが、契約条件に盛り込まれていたようなのです。

仕組まれたことなのかもしれませんが、今の時点では相続放棄をせざるを得ない状況なのです。しかし、本当に相続放棄がいいのか、それとも他にいい打開策がないのかを模索するために、1度、弁護士の先生に相談するべきことを教えたのです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

五島市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。