このページのTOPへ戻る

阪南市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

阪南市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

阪南市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

阪南市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

阪南市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!阪南市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

阪南市の土地を残して母が亡くなりましたが、相続放棄をしたほうが良いのかわかりません。

私の実家は阪南市郊外にあり、周りには何もないような場所にあります。そういった田舎に子供のころから住んでいましたが、大学あたりから実家を離れて都会で仕事をするようになりました。

都会で仕事をして数年たった時に、阪南市の実家に住んでいた母がなくなりました。父はすでに他界しており、実家には今誰も住んでいない状況です。管理してくれる人もいませんし、相続できるのは私くらいです。ですので、相続するとなると私が家の土地を管理するようになるわけではありますが、今住んでいるところと実家はかなり距離があります。

それだけならまだいいのですが、実家は阪南市内にかなり多くの土地を持っており、水田だけではなく山の中にもいくらか土地を有しています。これだけ多くの土地を管理するのはまず今の状況では無理ですし、他に管理してくれる人もいませんのでどうにもできない状況です。また、土地を相続するといっても住宅地から離れているのでなかなか売れないでしょうし、固定資産税なども考えると生活面でも結構な痛手になるのではないかという気がして心配でたまりません。

子供のころからの土地ですからどうにかして維持してあげたいという気持ちもありますが、現実的にはなかなか厳しそうな感じです。まだ、相続放棄の期間はありますがこのまま相続をすればいいのか、相続をしない方がいいのか迷っています。私はどちらを選んだ方がいいのでしょうか?

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

阪南市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。