このページのTOPへ戻る

大阪市東住吉区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

大阪市東住吉区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

大阪市東住吉区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

大阪市東住吉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

大阪市東住吉区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!大阪市東住吉区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

大阪市東住吉区で亡くなった父はFXトレードで負債を作っていました。

父親の証券運用における借金が発覚したので、相続放棄するべきなのか、そもそも出来るのか悩んでいます。

実家は大阪市東住吉区で両親はそこに住んでいました。私は県外で会社員をしています。

父は証券でFXと呼ばれる資金運用をしていたようです。父が病気になり大阪市東住吉区内の病院に入院していた頃はそんな話まったく聞かなかったのですが、父が72歳で亡くなってしまい、落ち着いた頃に遺品整理をしていたところ、証券会社のログイン情報を記載した用紙が出てきました。その情報をもってログインしたところ、父は入院する際にそれらの手続きを忘れていたようで、ほとんどが現在赤字運用になっており、追加の入金をしないといけない、と警告メッセージが出ていました。

どうもその仕組みでは保証人等はいないようで、誰かがその赤字を背負う必要はないようでしたが、娘として親の失敗、損失を補てんしないわけにもいかないと思います。一方で我が家も裕福ではなく、他に父から引き継ぐべきものもないので、それを補てんするとうちの家計にそのままマイナス分として直撃する事実が気になっています。

もし父が資金運用をプラスに出来ていたのであれば、それは相続税を払って相続することになり、マイナスだから相続しません、ということは可能なのでしょうか?それは自分達にとっても都合のよいことだし、証券会社にとっても望ましいことではないと考えています。しかし、生活のことを考えると道理に乗っている場合でないのも、申し訳ないですが、事実なのです。このような場合相続放棄して、父の資金運用の赤字部分をなかったことに出来るのでしょうか。

このような状況でも大阪市東住吉区で対応する弁護士の先生に相談する事は出来ますか?

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

大阪市東住吉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。