このページのTOPへ戻る

大阪市都島区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

通話料無料の電話受付はこちら0066-9735-9036

メール相談はこちら

大阪市都島区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

大阪市都島区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

大阪市都島区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

大阪市都島区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!大阪市都島区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

大阪市都島区で亡くなった祖父が遺言で私たち孫にも遺産相続させると遺していましたが、長男である伯父が納得してないようです。

私は大阪市都島区に住む大学生で、最近90歳になる父方の祖父が亡くなりました。

祖父は若い頃に地元の大阪市都島区で会社を興し順調な経営をしていましたが、20年ほど前に会社を処分し財産を全て土地や現金に換えて隠居生活を送っていました。その後も資産運用などしていたようで、亡くなった後の調査でもかなり多くの財産が残されていることがわかりました。

普通ならば祖父が亡くなったことによる相続人は、祖父長男の伯父、二男の父、三男の叔父だけになると思うのですが(祖母は5年前に病気のため亡くなっています)、今回は遺言書が残されておりそれによると息子の妻である母達や孫である私達にも数百万円ずつの現金を相続させるとの事でした。

しかし、それに長男である伯父家族(伯父、伯母、伯父長男)が反発し他の親戚に相続放棄を迫ってきました。曰く、祖父の面倒を見て最期を看取ったのは同居していた伯父一家であり、また長男であることから全ての土地・財産を相続するのが当然なのだそうです。祖父の晩年については概ねその通りで特に異論はないのですが、三男の叔父は「長男は同居において父親から援助を受けていたのだから当然だ」と伯父に抗議し争うつもりであるようです。

私達一家(父、母、私、2歳下の弟)はその争いに巻き込まれたくないため全員そろって相続放棄をするつもりでいるのですが、相続放棄の手続きをするにも大阪市都島区で対応してくれる弁護士に依頼した方が良いのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

大阪市都島区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。