このページのTOPへ戻る

大阪市住吉区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

通話料無料の電話受付はこちら0066-9735-9036

メール相談はこちら

大阪市住吉区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

大阪市住吉区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

大阪市住吉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

大阪市住吉区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!大阪市住吉区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

大阪市住吉区で叔父が亡くなりました。揉めそうな気がするので、祖母のために相続放棄したいです。

私は30代の主婦です。同じく30代のサラリーマンの夫と暮らしています。先日、大阪市住吉区に住む私の母方の60代の叔父が亡くなりました。進行性の胃がんで気づいた時は手遅れでした。叔父は生涯独身で、私の両親は離婚していたこともあって、祖母と母と叔父で母の実家で住んでいました。そのため、小さい頃から叔父は私の父親代わりとして何かと世話を焼いてくれました。

叔父の葬儀が落ち着いてから遺品整理をしていたところ、遺書書がでてきました。そこには、遺産は姪である私にすべて相続してほしいと記載してありました。叔父の遺産は、預貯金2000万円と車です。住吉区の家は現在祖母の名義になっています。車は家の車として母や祖母が出かける際に利用していたので、名義変更を行いそのまま母たちが乗ることにしました。

残った現金ですが、年老いた祖母と母のために使えばいいと考えていました。そんな時、法事の手伝いに来ていた母のもう1人の兄妹である叔母が「兄の遺産はどうなったんだ、私にも相続する権利はあるんだからね」と言い出しました。叔母は生活に困っているとかねてから聞いているので、あえて叔父の遺言書のことや遺産のことは話していませんでした。

叔母は「病床の兄にうまく言って、何かもらったりしてるんじゃないの?」と私にも聞いてきました。もしも姪である私が叔父から何かしら相続するなら、叔母の子供にも同等の権利があるはずだとも言っていました。叔父の遺言書のことを叔母が知ったら、かなり揉めると思います。

そこで、私は相続放棄して高齢の祖母が遺産を相続する形が一番、うまく収まるのではないかと考えているのですが、その場合祖母が亡くなったらまた同じように揉めるような気もして悩んでいます。どの方法が1番揉めずにすむのか、住吉区対応の弁護士に相談したいと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

大阪市住吉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。