このページのTOPへ戻る

堺市美原区で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

通話料無料の電話受付はこちら0066-9735-9036

メール相談はこちら

堺市美原区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

堺市美原区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

堺市美原区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

堺市美原区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!堺市美原区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

堺市美原区で母が亡くなり財産と借金がどちらも遺りました。プラスになるかマイナスになるか判らないので、相続放棄すべきか否か相談したいです。

私は堺市美原区に住む会社員です。病気で入院していた母が80歳で亡くなり、先日葬儀を終えたところなのですが、葬儀の日に弟から「遺品は一切いらない、うちは相続放棄する」と告げられました。

母は堺市美原区内の病院で入院していましたが、生前父が亡くなった際に実家(上物と土地)を相続していました。更に、母は生前の父の借金(実家を立てた時の借金)を背負っており、それをコツコツと返済していましたが、元々持っていた不動産を売却すればその借金は十分に返済できる金額でした。

母の遺産の相続をすれば、借金を引き継がないといけない反面、資産となる不動産も引き継ぐことが出来ます。しかし、相続税によって、結果的にマイナスになるのであれば、我が家も弟のように相続放棄をしたいと考えています。

相続放棄というのは言ったもの勝ちなのでしょうか?相続放棄をするにあたっての必要な書類の準備や、なくなった母の資産を明確に定義できるようなものが必要だと考えているのですが、先に弟が相続放棄する、と言った為、長子である自分が全ての手続きを行わないといけないのでしょうか。

まとめますと、相続するもの中にマイナスになるもの、プラスになるものがそれぞれある場合、相続放棄するべきか否かの判断はどこですればよいのか相談させていただきたいのと、相続人が本来二人いる場合(今回の場合は私と弟)、片方が相続放棄した場合、残りの手続きは残っている相続人が全て行わないといけないのか、ということです。

堺市美原区で対応する弁護士の先生はこのような相談でも受けてくれるでしょうか…。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

堺市美原区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。