このページのTOPへ戻る

豊中市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

豊中市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

豊中市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

豊中市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

豊中市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!豊中市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

豊中市で農業を営む父が亡くなりましたが、借金があるため相続放棄したいです。

私は会社を作りIT系分野の事業を手掛けています。実家は豊中市にあり、野菜を栽培している専業農家をしています。妹夫婦は豊中市の実家で両親と同居していて、一緒に農業をやってくれています。妹夫婦が稼業を引き継いでいることから、跡取りは間違いなく義弟になる予定でした。

しかし、父が急逝してから、具体的に遺産相続をする段階になって、義弟からお詫びと相談の連絡が入ったのです。お詫びとは、相続放棄をせざるを得ないというのです。義弟曰く、最近の野菜の販売は農協に頼らず、インターネットを利用した販売形態が延びるだろうと予測して、ネット通販にシフトしていったのです。

しかし、ネット通販の反響が大きすぎて、本業以外の通販も手掛けるようになりました。これが災いしたのです。全く商品が売れず、仕入れの負債だけが残っていました。しかも、父の名義となっていたために、それを義弟が相続してしまうという皮肉な結果となってしまうのでした。

自業自得と言えばそれまでのことなのですが、妹のことを考えると、冷たい仕打ちはできません。また、冷静に考えると、決して義弟も私利私欲で始めたネット通販でもありませんでした。負の遺産を放棄することでマイナスからのスタートになるのですが、決して諦めることのないよう応援はしていきたいと考えています。

ともかく弁護士の先生に相談して、これからの対応を義弟に促すつもりです。遺産の相続で負債を放棄することは、できることは知ってはいるものの、具体的な手続きが複雑そうなので、豊中市対応の弁護士の方にお願いしたいです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

豊中市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。