このページのTOPへ戻る

小城市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

小城市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

小城市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

小城市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

小城市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!小城市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

小城市で経営しているカフェの相続税が払えないので相続放棄を検討しています。

小城市で暮らし始めて、もう40年が経ちました。現在、父と妻、娘、息子の家族5人でお店を営んでいます。

仕事は父が手掛けてきたバーやカフェの経営を行っています。小城市内にバー2店舗、喫茶店が3店舗を開いていますが、お客さんは昔ながらの常連さんから若い人まで、幅広い年代層の人達が足を運んでくれるので、とてもありがたいのです。

ただ、これだけの店舗を父や私だけで切り盛りをすることは、到底不可能です。そのようなことから、マスターやママさんを雇って、お店の運営をお願いしています。直接、お店を手掛けているのは、父が手掛けてきた小城市中心部の喫茶店1店舗、私がバーを1店舗運営している状態です。こんな感じで、過ごしている毎日でした。何の問題もなく経済的にもかなり裕福な環境でした。

しかし、不幸は急に訪れるものです。それは父の急逝。倒れる前日は何の問題もなく仕事をしてきたのですが、お店の中で、意識不明になり、そのまま小城市内の病院へ。そして、翌日には亡き人になってしまいました。69歳でした。急逝心不全です。

葬儀は慌ただしく終えたのですが、その後が大変なのです。それは相続関係がきちんとされていなかったからです。私が手掛けているバーは、私の名義になっていたのですが、他のお店は未だに父の名義です。これを受け継ぐとなると、かなりの相続税を支払わなければなりません。弁護士と相談をして、他の店舗は、雇っているマスター達に譲るか、相続放棄するか選択しようと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

小城市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。