このページのTOPへ戻る

北本市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

北本市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

北本市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

北本市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

北本市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!北本市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

北本市で母が亡くなり、相続放棄をしたいのですが、できないと言われてしまいました。

私は北本市に住む会社員で、独身の男性です。同居している妹が一人います。その他、北本市を離れて派遣社員をしている父がいます。

この度、北本市で同居していた私の母が70歳で亡くなりました。母は生前からギャンブル癖があり、隣に住む独居老人からパチンコ代として200万円を借りていました。母は亡くなる2週間前から、持病の喘息が悪化し、北本市内の病院に入院していました。

母が持っている財産として、祖母の形見の貴金属類300万円相当が残されています。しかし、私は相続放棄したいと思います。借金を相続して、債権者である隣に住む独居老人とは一切関わりたくないからです。また、たとえ、母の財産で借金を清算できたとしても、父が残った財産を全部自分のものにしたいといってうるさいからです。父と遺産分割の話し合いをするのは揉めそうで、疲れると思うので、私は相続自体したくないです。

しかし、父から、私は相続放棄できないと言われました。なぜかというと、先日私はパチンコをしていて、ちょっとお金が足りなくなったので、母の遺したネックレスをひとつだけ質に入れて換金してしまったからです。そのネックレスはたかだか10万円程度だと思うので、これから質屋さんに行き、ネックレスを取り戻すことは可能なので、私としては問題ないという認識なのです。

しかし、父の言い分によると、共有財産を勝手に質入れした私の行為によって、もはや私が相続放棄をする資格はないとのことです。こうした場合、本当に相続放棄できないのでしょうか。相談させてください。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

北本市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。