このページのTOPへ戻る

御前崎市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

御前崎市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

御前崎市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

御前崎市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

御前崎市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!御前崎市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

御前崎市の店を残して妻が亡くなったのですが、相続放棄すべきかどうか相談したいです。

私は御前崎市に住む無職の70歳になる男性です。この度、私の妻が亡くなりました。家族構成として、実家を離れ、1人暮らしをしている妻の妹がいます。

妻には借金はありません。亡くなる4年前から、御前崎市の老人ホームに入居していましたが、病状が悪化し、死の1週間前に御前崎市内の病院に移され、入院をしていました。妻は老人ホームに入居する前、趣味で小さな雑貨屋を経営していました。雑貨屋の店舗にしていた建物が御前崎市内に1つあり、妻の名義で登記されています。登記は建物にされており、土地は他に所有者がいるそうです。

私は相続放棄するべきか相談したいと思います。というのも、土地の所有者の方から、「妻が死んだのであれば、建物はもう取り壊してほしい」と頼まれているからです。土地の所有者が自分の家を建てたいそうで、店舗の建物が邪魔だとのことです。そして、立ち退き工事にかかる費用は私に負担してほしいとのことです。

私としては、「妻の経営していた雑貨屋をそのまま残しておきたい」という気持ちがあるにはあるのですが、土地の所有者の権利の方が強く、建物を残しておくことが不可能だというのであれば、相続放棄してしまいたいです。立ち退き工事には1000万円かかるそうで、私にはその資金を出す経済力がありません。

私にとっても、土地の所有者にとっても一番納得できる方法は相続放棄なのか、それとも他の方法があるのか、誰かに相談したいです。弁護士に依頼したほうが良いのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

御前崎市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。