このページのTOPへ戻る

下野市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

下野市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

下野市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

下野市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

下野市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!下野市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

下野市で父が亡くなりましたが、相続放棄すべきか相談したいです。

下野市在住の専業主婦です。夫は単身赴任中のため、別の地域に住んでいます。子供は一人で、3人家族です。私には妹がおり、妹は両親の住む実家のすぐそばに、妹の夫と子どもとともに住んでいます。

このたび、77歳の父が病気で他界しました。下野市内の病院に入退院を繰り返していましたが、まだまだそのような状態ではないと思っていたので、何の準備もしていない中、病院で朝方亡くなっている状態で発見されました。

父には、それまで住んでいた土地と建物、預貯金、株券、生命保険という財産がありました。家のローンはとうの昔に払い終えており、他には借金はないと思われ、また、長年勤務していたため、結構な預貯金を持っているのではないか、と思います。詳細は私にはわかりませんが。

母は、これまで父とともに生活をし、病気がちな父の世話をしていました。妹は、実家のそばに住んでいましたので、そのような両親のサポートをしてくれていました。父は、急な他界であったため、特に遺言などは残していませんでした。この度の父の他界に際し、母は言葉にはしませんが、老後に対する不安もあって、私たちに財産を放棄してほしいような印象です。もちろん、はっきりと言葉に出して言うわけではないのですが。

私も、両親が築いた財産であり、母を差し置いて、その財産がほしいと思っているわけではありません。ましてや、私は、他府県で別の世帯をもって生活しており、幸い、生活に困っているわけでもありませんので。また、妹も、両親の世話をしてくれてはいましたが、妹も別の世帯を持っており、生活に困っているわけでもないため、財産がほしいというわけではないようです。

ただ、このまま、母の気持ちを忖度して、財産を放棄したとき、あまり考えたくはありませんが、将来、母が他界したとき、相続税が莫大に発生するのではないか、という危惧もあります。

ここで、いったん、相続を放棄するべきなのか、土地と建物は母にして、預貯金などのお金に関する資産は、普通に財産を分けて相続したほうが得策なのか、どうでしょうか。弁護士の先生に教えていただければ、と思います。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

下野市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。