このページのTOPへ戻る

小松島市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

小松島市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

小松島市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

小松島市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

小松島市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!小松島市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

小松島市の旅館の経営が悪化しているため相続放棄したいです。

会社員男性です。元々は実家で稼業を継ぐはずだったのが、このようにサラリーマンをしています。

私の実家は代々、小松島市で旅館を経営しています。私も本来、その仕事をしなければならなかったのですが、親に無理を言い小松島市を出て進学。卒業後は実家に戻るつもりだったのですが、学生時代に専攻していた学科を実社会で活かしてみたいという気持ちが強くなり、現在に至っています。妻も学生の頃のサークルの後輩でこちらの出身のため、ますます実家に戻る機会が低くなってきたのです。

実家の旅館は、観光客が減っている中で、妹と弟が頑張ってくれています。しかし、先月、実家の父が他界しました。つつがなく葬儀が終わったのですが、その後は、当然、相続の件がありました。このことについては、実質的に稼業を受け継いでいた妹・弟が継ぐことに異論はありません。しかし、弟から相談があったのは、放棄すべきか、正式に受け継ぐべきかという私からすると、想定外のことでした。

相続放棄を視野に入れているのは、旅館の経営が悪化していることで、知らない間に負債が残っていたからです。父が蓄えていた貯蓄や小松島市の不動産は残っていたものの、トータル的にはマイナスになるので、いっそのこと廃業して、新たな人世を歩むべきかと悩んでいたのです。稼業を放り出した私の中のせめての罪滅ぼしとして、相談できる弁護士の人を探して、今後のことを進めてあげたいと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

小松島市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。