このページのTOPへ戻る

紀の川市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

紀の川市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

紀の川市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

紀の川市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

紀の川市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!紀の川市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

紀の川市で兄が亡くなったのですが、実家がゴミ屋敷状態のため相続放棄したいです。

果樹農業を営む、62歳の女性です。夫は半農半サラリーマンで、果樹園は主に私と息子夫婦(二世帯同居状態)が仕切っている形です。

先日、紀の川市の実家に住む兄(67)が亡くなりました。同居していた父と母は、それぞれ8年前・6年前に鬼籍に入っています。元々怒りっぽくて横暴な性格の兄は生涯独身でしたが、年齢を経るにつれてどんどん意地悪な人間になっていき、私たち家族は敬遠にしていました。ヘビースモーカーだったのがたたり、数か月前から入院していた紀の川市内の病院で、肺がんで亡くなりました。

兄は40代までは商社に勤めていたのですが、脱サラして紀の川市の実家に帰り、起業しました。その事業は全くうまく行かなかったようで、実際には両親の脛をかじりながら、その財産を食いつぶす形で生活していたようです。兄の訃報を受け、実家に行くとひどい荒れようでした。いわゆるゴミ屋敷で、葬儀は別の会場で行うしかありませんでした。その後遺品整理に取り掛かったものの、ゴミであふれかえっているため、つい音をあげてしまいました。

こんな兄なら、遺産も全くないだろうし、逆に事業の失敗でためこんだ負債や借金を見つけるだけが関の山。兄の失敗を肩代わりする気はありませんし、どちらかというと兄の思い出とも、きれいに縁を切ってしまいたい思いなのです。思い切って遺品整理は業者に一切をお願いし、また弁護士の先生に相談して相続放棄をしたい、と検討しています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

紀の川市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。