このページのTOPへ戻る

下関市で借金の相続・債権者対応など相続放棄のご相談なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

下関市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

下関市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

下関市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

下関市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!下関市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

下関市に喫茶店を残し父が亡くなったのですが、相続放棄を検討しています。

下関市に住んで20年、家族5人で生活をしています。地元で小さな喫茶店を経営しています。この喫茶店は、父親が開店資金を都合してくれてやっています。

そんな父親も下関市周辺で、不動産や他の喫茶店をいくつか営んでいる経営者です。しかし、その父が先月急に意識を失い、病院に救急搬送。私達家族が駆け付けた時には、すでに息を引き取っていました。突然の事で気が動転したのですが、その翌日には通夜・葬儀と連日連夜行い、無事に終わりました。

しかし、大変なことは、この後でした。遺産相続の問題が上がったからです。私には上に兄がいるのですが、相続でかなり揉めることとなったのです。兄は会社員をしているのですが、相続については、私が喫茶店を開くに当たり、すでに資金を融通してもらっているのだから、父の遺産を相続する権利がないというのです。

確かに兄の言うことはその通りなのですが、冷静に考えると父の遺産を兄、母、私で継いだとしても、かなりの相続税がかかってくることが目に見えています。下関市近辺の喫茶店も経営しきれないと思いますし、私は相続放棄を申し出ようかと思っているのです。

但し、父が生前に残していた遺言は、法的根拠もあるようで、放棄する場合は、何か特別な手続きをしなくてはならないのか分からず、きちんと弁護士の先生に相談した方がいいのではないかと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

下関市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。