このページのTOPへ戻る

母親に全ての遺産を相続させたい時の注意点はありますか?|相続放棄なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

Question

母親に全ての遺産を相続させたい時の注意点はありますか?

Answer

父が亡くなり、相続人が母と子どもらである場合、父と一緒に生活していた母がいったんすべての遺産を相続し、将来的に母が亡くなったときに子どもらで相続について協議するということは珍しくありません。

母にすべての遺産を相続させる方法として、子どもらが相続放棄をすることが考えられますが、被相続人の親族(父母、兄弟など)の有無によって、不利益を受けるおそれがあることに注意が必要です。

相続分を知る必要があります。

まず、相続人の範囲と法定相続分を確認しましょう。

配偶者は常に相続人になり、親族は

  • ①子ども(子どもがすでに亡くなっている場合は孫)
  • ②子どもがいない場合は直系尊属(父母、祖父母)
  • ③子どもも直系尊属もいない場合は兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子ども)

の順に相続人になります。

次に法定相続分は、

  • 配偶者と子どもが相続人になる場合……配偶者が2分の1・子どもが2分の1
  • 配偶者と直系尊属が相続人になる場合……配偶者が3分の2・直系尊属が3分の1
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人になる場合……配偶者が4分の3・兄弟姉妹が4分の1

となります。

相続放棄の際考慮すべき相続順位と相続割合をくわしくみる

被相続人の親、兄弟を調べる必要があります!(二次相続)

相続財産管理人が選任された場合、相続財産管理人は、

相続放棄をした者は、その相続に関しては初めから相続人ではなかったものとみなされます。

上の例で子ども全員が相続放棄をすると、子どもがいなかったものとみなされることになります。

そうなると、父の直系尊属や兄弟姉妹(およびその子)がいる場合には、父の直系尊属や兄弟姉妹も相続人になってしまいます。

父の直系尊属や兄弟姉妹も相続放棄をしてくれればいいのですが、遺産の取得を希望した場合には、母にすべての遺産を相続させることができなくなってしまいます。

そのため、父の直系尊属や兄弟姉妹について調査する必要があるのです。

疎遠な親族がいる場合もあるので相続人調査をしましょう。

このように、安易に相続放棄により特定の相続人に遺産を集中させようとすると、思わぬ不利益や紛争が生じるおそれがあるため、相続人になる可能性がある者を事前に正確に把握する必要があります。

親族の中に疎遠になっている人がいることもありますし、相続人になる可能性がある人の存在を知らないこともあります(たとえば、父の父母が離婚し、父は祖父に引き取られ、母とは音信不通になったが、母はその後再婚して子どもが生れていたような場合、その子どもは父の兄弟姉妹にあたり、相続人になる可能性があります)。

このように、相続人となる可能性のある者を見落としてしまう危険を防ぐためには、相続人調査を弁護士に依頼するといいでしょう。

相続放棄Q&A一覧へ戻る相続放棄Q&A一覧へ戻る

相続放棄でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

0066-9735-9036

メールでのご相談はこちら
  • 全国対応
  • 来所法律相談30分無料
  • 24時間対応
弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。