このページのTOPへ戻る

相続放棄において、財産調査をする必要ってありますか?|相続放棄なら弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ メール相談は
こちら

土日祝日もご相談受付いたします

通話料無料0066-9735-9036

Question

相続放棄において、財産調査をする必要ってありますか?

Answer

相続放棄を考えている場合でも、基本的には家庭裁判所に放棄の申述をする前に、被相続人の財産調査をしておくべきです。

相続放棄時に、なぜ財産調査を行うのか?

相続が発生すると、相続人は、そのまま相続する(承認)か、相続によって得た財産の限度で債務も引き継ぐ(限定承認)か、一切相続しないことにする(相続放棄)かを決めなければなりません。

被相続人に負債があっても、それを上回るプラスの財産があれば、経済的な観点から言えばあえて相続放棄をする必要はないでしょう。

したがって、被相続人と疎遠であり、プラスの財産があろうがなかろうが関わりたくないというような例外的な場合を除いて、財産調査をしたうえで、相続についての方針を決めるべきといえます。

相続放棄における財産調査についてくわしくみる

財産調査を行わないデメリット

財産調査を行わずに相続放棄をしたが、後で負債以上のプラスの財産があることが判明したということもありえないわけではありません。

このような場合でも、いったんした相続放棄を取消・撤回することは基本的に認められません

相続放棄の取消が認められるのは、詐欺・強迫によって相続放棄をした場合(たとえば、他の相続人から、多額の負債があると虚偽の事実を告げられて相続放棄をした場合)などに限られます。

したがって、事前の財産調査が必要になるのです。

ぜひ弁護士にご依頼ください。

相続財産の調査は相続人自身で行うことも可能です。

しかし、多くの相続人にとっては慣れない作業であり、難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

また、相続放棄は自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければならないとされており、多くの場合は被相続人が亡くなってから3ヶ月以内にしなければなりません。

家族を失った直後の精神的に疲弊しているときに財産調査を行うことは相続人にとって精神的に負担が大きいですし、ある程度落ち着いてから財産調査を始めたら3か月が経過してしまい、相続放棄ができなくなったとか、3か月が経過してしまいそうなので十分に調査できていないが相続放棄をしてしまったという事態も考えられます。

このような事態をさけるためにも、相続財産の調査は弁護士に依頼をすることをお勧めします。

弁護士に依頼をすれば、プラスの財産や負債をより正確に調査することができますし、調査に時間がかかる見込みである場合には、すみやかに相続放棄の申述期間の伸長の申立てをするなど、適切な対応をとってもらえます。

相続放棄Q&A一覧へ戻る相続放棄Q&A一覧へ戻る

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。